高齢化社会について考えよう

Aging Problems

高齢化社会の現実

数年前から高齢化社会到来についての問題がたびたび指摘されています。
高齢化社会とは総人口に占める65歳以上の人口の割合が増大した社会であると言われていますが、内閣府の示すデータでは平成25年10月現在で比率が約25%、実に4人に1人が65歳以上の高齢者となっています。
これは現時点で世界一の数値です。
このペースでいくと2060年には比率が約40%、2.5人に1人が65歳以上の高齢者となる社会がやってきます。
ここまで高齢化が進んでいるのは日本の医療が世界的に見ても非常に優れていることが原因の一つと言えます。
昔であれば助からなかったような病気でも、最先端の医療器具と医師の技術により多くの患者さんの命が救われるようになりました。
平均寿命も延びており男性で79歳、女性で86歳。
医学が今後も進歩することを考えると、ますます平均寿命は長くなります。
わずか50年ほどの間に15年近く寿命が延びている状態です。
現在年金を受給されている方は比較的多くの額を支給されており、生活にあまり心配を持っていない方も多くいますが国の財源には限界があります。
出生率が増加しないことによる人口減を、お年寄りが長く働くことで補う相互扶助の仕組みが早急に必要ではないかと思われます。

高齢化社会の現状と対策

少子高齢化が深刻化してきている日本では、65歳以上の高齢者人口が増え続けている一方で、総人口は毎減少傾向にあるようです。
このまま進んでいくと、年金を受け取る高齢者ばかりが増えていくのに、新たに年金に加入する人口は減っていくだけです。
年金加入者が減ると、年金の財源が確保出来ない状態になっていきます。
他にも医療費や介護保険費などの財源確保も問題になってきています。
少子高齢化社会への対策としては、妊娠しても安心して暮らせる環境作りと不妊治療への取り組みが必要です。
まず、妊娠して出産費用が負担と考える方が多いことで、出産費用や検診費用は助成金などが支払われるようになっています。
不妊治療に関しても、健康保険外の治療であっても助成金が出るようになっていますが、まだまだ十分とは言えない現状なようです。
出生率を上げる為に、様々な仕組み作りが必要でしょう。
その後、子育てがしやすい環境になるようにと、最近は働く女性をサポートする産休や育休制度も充実していますし、子どもを遊ばせられるスペースもあちこちで見られるようになりました。
もっと女性が活躍しやすい社会になっていけば、出生率が上がって年金加入者も増えて、財政を助けていけるような気がします。

Valuable information

羽田空港の利用しやすい駐車場です。

羽田空港 駐車場

スイスの高級腕時計に挑戦する国産最高級腕時計、セイコーを高価買取

グランドセイコー高額 買取

最終更新日:2018/11/12

COPY RIGHT (C) 2015 Aging Problems. ALL RIGHT RESERVED