高齢化社会について考えよう

Aging Problems

高齢化と保険制度について

今日、日本の高齢化は深刻な社会問題になっています。
それが進むにつれて医療機関を利用する高齢者は非常に多いです。
結果、医療費が年々増大し、医療保険制度の安定がゆらぎはじめています。
昨今の高齢化によって医療保険制度を支える現役世代の負担が増大ししています。
現在は少子高齢化ではありますが、ある程度の現役世代によってシステムは維持されています。
しかし、今後、高齢者がさらに増加すると日本に住む人々の健康を守ってきたこの制度が崩壊するおそれがあります。
高齢化は必ずしも悪いものではないです。
しかし、現在の日本は少子化という問題も抱えているため保険制度の長期的な維持が非常に難しい状況にあります。
このシステムを長期間にわたって維持するためには現役世代だけではなく、すべての世代の支える事が出来る人々が連携し、対応する事が大切です。
維持する事は容易ではないですが、社会全体がチームを組んで問題に取り組めば安定したシステムを維持する事が出来ます。

高齢化社会と今後の保険制度

日本が戦後高度経済成長を迎え、ベビーラッシュとなると日本の人口も増加し、2010年を最盛期に折り返し地点を迎え、今後団塊の世代が高齢化を迎えると、現役世代と高齢者世代の割合が大きく逆転し、保険制度や社会福祉制度に限界を迎えると言われています。
経済はバブル崩壊以降鈍化し、国民の所得も減少する中、医療費のみが増加の一途をたどり、医療及び介護費が膨大となると、現役世代の負担が大きくなり、今後益々右肩上がりとなるでしょう。
現役世代の年間医療費13万円に対し、高齢者世代の年間利用額が100万円という金額で、医療費コストは増大化しています。
このまま益々、少子高齢化が進めば、財源は枯渇し、国民全体の医療費負担が確実に増えると言われています。
今後、民間の保険会社が提供する医療費負担をする保険商品に加入することが良いでしょう。
海外諸国ではすでにこの方法がとられており、現役世代から加入している人が多く、その負担額は日本の制度で定められた金額と変わらないか、それよりも低いと言われています。
今後、どのような制度改革があっても、自身で加入していれば負担は軽く済むでしょう。

Valuable information

動物専門学校で勉強

最終更新日:2018/5/30

COPY RIGHT (C) 2015 Aging Problems. ALL RIGHT RESERVED