高齢化社会について考えよう

Aging Problems

高齢化社会による医療問題

日本は先進国の中でも、長寿の国と言われています。
高齢者の割合が、国民の2割近くにもなります。
一般的に、高齢者とは65歳以上の成人のことを言います。
昔なら、亡くなってしまうような病気も、新薬の開発や医療の先進技術などにより助かることができ生きることが可能になりました。
半面、慢性病の患者が増え続け、こうした高齢者にとっては、毎月の通院や薬代にかかるお金が負担になっています。
今後、増え続ける高齢化の医療をどう支えるかが問題になってきています。
問題の一つに、高齢者が増える割に、出生率が低下していることが挙げられます。
改善策として、国民一人当たりの負担額を減らすためにも、少子化対策が必要です。
最近では、女性の社会進出が進み出生率が低下していることや、子供一人にかかる教育費や経済費への負担も問題になっています。
まずは、「子供が育てやすい国の環境」を作ることが高齢化社旗の問題にも対応する鍵となるでしょう。

高齢化と医療について

昨今、急速な医療技術の進歩によってほとんどの病気や怪我で苦しむ人を救えるようになりました。
結果、高齢化が進展し、平均寿命、健康寿命ともに上昇しています。
しかし、医療サービスを提供する側も高齢化の影響を受け、引退する人が増えました。
そのため、安定的な医療サービスを受ける事が難しい高齢者の増加が予想されています。
この技術の進歩は高齢化を加速させただけではなく、治る可能性が低い病気や経済的な負担で悩んでいる人を長期間にわたって苦しめる事になりました。
高齢化によってそのサービスを受ける人が増加しています。
介護を行う時間が長くなったため病院のスタッフや家族の負担が増大しました。
高齢者が多いため彼らのケアに重点が置かれるケースが増えました。
高齢者のそれにかかる費用が増大し、現役世代が少ない数で支えなければならないという環境が一般化しています。
安定した経済システムを構築しなければ高齢者に安定したサービスを提供する事が出来ないという状況に陥ります。

おすすめWEBサイト

外壁塗装を東京で行う

2017/10/25 更新

COPY RIGHT (C) 2015 Aging Problems. ALL RIGHT RESERVED