高齢化社会について考えよう

Aging Problems

高齢化と車の免許更新について

日本社会もいよいよ高齢化が進んで来た事で、様々な問題が出て来ています。
その1つにお年寄りの車免許の更新があります。
ドライバーの年齢が高齢化して来ると、どうしても若い頃よりも一瞬の判断が遅れたり、体調や視力の衰えが出て来たりするものです。
極端な話では、急ブレーキと間違えてアクセルを間違える事故であったり、認知症のお年寄りによる道路内の逆走事故といった事も起こっているのが現状です。
今時の65歳の方の様子は昔のお年寄りよりも若々しくまだまだ現役だと思われます。
一応65歳以上が高齢者とされていますので、65歳から免許更新時に高齢者講習を受けると良いかもしれません。
要するに身体の衰えや五感の衰えを自覚する機会があると、より自分自身でどのように対処していけば良いかも理解して、実行出来るでしょう。
ところが、65歳のお年寄りと言うにはまだまだ早い年齢だと、そうしたきっかけがなかなか無い為に、そのまま70代に入って自覚がなく運転してしまう結果、危険な機会が出て来ます。
こうした事を防ぐ為に65歳以降は、自分自身がある年齢になった時の対処はこうすると決めておく事を勧めます。

高齢化で各メーカー福祉車両に力を入れる

日本では、すでに高齢化が始まっているため、今後さまざまな問題が増えていくと考えられています。
高齢化が進むということは、介護を受ける人や介護を行う人が増えるものです。
住み慣れた自宅で生活するためには、交通手段としての車の役割は大きなものといえます。
近年では、それぞれのメーカーが福祉車両に力を入れており、いくつかの機能を搭載した製品が販売されています。
介護を必要とする方は、クルマイスを使用することが多いものです。
介護が必要な身体の程度にもよりますが、クルマイスから降りて座席シートに移動する方法と、クルマイスのまま乗り込む方法があります。
それぞれのメーカーは、本人や家族の負担を減らすために工夫をしています。
クルマイスは重量があることから、電動ウインチ式によって、クルマイスをトランクに収納する装置を、開発しているところもあります。
今後高齢化とともに、いろいろな機能が搭載された福祉車両が開発されることでしょう。

pickup

タグホイヤー 買取

最終更新日:2017/6/8

COPY RIGHT (C) 2015 Aging Problems. ALL RIGHT RESERVED